図書室

新フォーチュン・クエストII-9巻感想

さて、新フォーチュン・クエストⅡ-9巻~エルフたちの逡巡~の感想でございます。

ちょっと先の展開が分からなくて書きづらいのですが、とりあえず今回の話だけ 読んで思ったところを適当に書いていきます。

【速報】パステルさん、相変わらず毒舌が冴える

トラップを指して曰く、「口は悪いけど、まあ性格もそんなに良くないかな?」、 「怖いもの知らずの赤毛男」など言いたい放題。

相変わらず冴えまくってます。

【朗報】ゼンばあさん無事

ピンチだったのをすっかり忘れていたゼンばあさん。思わぬところで無事で あることが判明しました。

「ぬかっておったわ」なんて頼もしいこと言ってましたし、またこれから 重要な敵との戦いを前に絡んでくる可能性が高いですね。一体どんな役割を 果たしてくれるのか、楽しみです。

【悲報】詩人には魔力がほぼ必須

エンニオ君の話からすると、どうも詩人という職業の人はほぼ魔力を持っていて、 歌を支援魔法として使いこなすらしいということが判明。

文章書くのが好きだからって理由であまりよく知らずに詩人を選択したパステル さん大ピンチですね。

魔力の無い冒険者は大勢います(というかむしろ多数派のようです)が、魔力 の無い詩人って実はほとんどいないのでは!? とは言ってもパステル自身は この職業に愛着が出てきているようで、転職は無さそうですね。このへんの事実 が明らかになった事って、いったい何の伏線なんだろ?

【朗報】ケッコー通販の広告に出てくる女の子が可愛い

ペタペタマジックの広告に出てる子がなんか可愛くてですね、はい。

何巻か前にミニコンパスの広告に出てた子も可愛かったですし、最近のケッコー 通販はなかなかグッジョブですな。ふひひひひ。

【朗報】エディスちゃん、忘れられてなかった

8巻になったとたん出番がなくなったエディスちゃん。今回1行だけですが名前が 出てきてました。パステル、忘れてなかったんだね。良かった。

さいごに

すみません、なんか内容の薄い感想で…。 ではまた次巻で。