北海道ドライブまわれ道南 その3

全体の日程 2003年9月24日〜9月27日
全ルート 自宅〜(空路)〜函館空港〜五稜郭〜大沼〜恵山〜湯の川温泉〜函館山〜湯の川温泉 〜森〜長万部〜岩内〜神威岬〜毛無山展望所〜小樽〜天狗山〜定山渓〜中山峠 〜洞爺湖〜オロフレトンネル〜登別温泉〜地球岬〜大滝〜支笏湖〜新千歳空港 〜(空路)〜自宅
総走行距離 883.5km
総所要時間 35時間35分(観光を含む)


日付 2003年9月26日
移動区間 小樽〜天狗山〜定山渓〜中山峠〜洞爺湖〜オロフレトンネル〜登別温泉
走行距離 185.7km
所要時間 8時間15分(9:05〜17:20)

9:05〜
早朝から地震で起こされる。結構大きな地震だったようだ。 最悪旅行中断も覚悟したが、ニュースで見る限りこれから行く 辺りは特に問題なさそう。安心して二度寝する。
それにしても、北海道に行くと何かが起きるなあ。前回は 貿易センタービルのテロがあったし。
この日は朝から小樽観光。市街地を抜け、天狗山への坂道を 登る。一直線だがかなり急な坂道。冬に凍結したら大変な ことになりそう。

9:45〜
天狗山スキー場のすぐそばにある、グラススタジオ・イン ・小樽に到着。ガラス吹きを体験する。
説明を聞き、デザインを決定すると、いよいよ工房へ。 外は涼しいが、炉の近くはかなりの熱気。
まずはガラスの中に空気を吹き込んで膨らませる。次に、 色ガラスの粉で色を付ける。それから、筒にくっついた 部分を切り取ってもらってグラスの形にする。あとは形を 整えて、冷やせば完成。
完成品は後日自宅に郵送してくれる。
難しいところはスタッフがやってくれるので、不器用でも 安心。
10:55にグラススタジオを出発し、次は小樽オルゴール堂へ。

まずは一吹き。ガラスを膨らませる

形を整えているところ

後日届いた完成品。えみにゃの作ったのの方がでかい

11:15〜
小樽オルゴール堂に到着。
オルゴール堂は何件にも分かれていて、すごい数のオルゴールがある。 可愛いのだけでなく、すごく古いのとか大きいのとか。
うちにある瑠璃色のキティにゃーオルゴール(中禅寺湖で購入)と 同じのもあった。
朝の地震で被害が出てないか心配だったが、何とも無かった様子。

12:05〜
すぐ近くの回転寿司屋「すし奥尻」に徒歩で移動し、昼食。
実はえみにゃ、お寿司初挑戦。
あぶりサーモン、あぶりホタテ、かになどが激ウマ。えみにゃもかなり 気に入った様子。

寿司屋の前でも記念撮影

13:05〜
駐車場を出発し、道道1号線(小樽定山渓線)を南下。早速 ループ橋がお出迎え。
そのまま谷あいの道を南下する。車も少なく快適。
途中、ダム湖のほとりの駐車スペースに車を止め、マーチと 記念撮影。

マーチと一緒

定山渓からは、国道230号線に入る。基本的には片側1車線だが、 道幅が広い。上り坂の登坂車線も充実している。
中山峠のドライブインで休憩。まわりは山ばかり。大自然の ど真ん中といった感じ。
さらに走ると羊蹄山らしき山が見えてくる。
地図を見ながらどれがどの山か考えるが、どれがなにやら良く 分からない。
引き続き国道230号線を進み、洞爺湖へ。

15:40〜
洞爺湖畔のサイロ展望台に到着。展望台からのんびり湖を眺める。
遊覧飛行のヘリコプターが湖の上を飛び回っていて、遠くに 昭和新山と有珠山も見えた。

洞爺湖をバックに。分かりにくいが昭和新山も見えている

16:10〜
洞爺湖を出発。
国道230号線、道道2号線、国道453号線、道道2号線とつないで、 オロフレ峠のトンネルをくぐり抜け、登別温泉へ。
オロフレトンネル周辺の道路は、曲がりくねっていて交通量も少ない。

オロフレトンネル付近にて。周囲はずっとこんな感じ

17:20〜
登別温泉に到着。
この日の宿は登別温泉石水亭。
今回の旅の重要な目的の一つだった、白いお湯の露天風呂を満喫。
……いや、入浴剤じゃないよ。

その2へ戻る その4へ進む

トップへ 戻る