東北ドライブみちのく一人旅 その2

全体の日程 2015年9月23日〜9月25日
全ルート 自宅〜千鳥町IC〜川口JCT〜青森IC〜浅虫温泉〜陸奥横浜〜陸奥 〜大間〜陸奥〜野辺地〜青森〜奥入瀬渓流〜十和田湖〜八幡平 〜宮守〜陸前高田〜南三陸〜石巻〜石巻河南IC〜柏IC〜自宅
総走行距離 1899.5km
総所要時間 44時間10分(観光、仮眠を含む)


日付 2015年9月24日
移動区間 陸奥〜大間〜陸奥〜野辺地〜青森〜奥入瀬渓流〜十和田湖〜八幡平
走行距離 約350km
所要時間 12時間00分(6:30〜18:30)
ルート マピオン地図1(陸奥〜大間)
マピオン地図2(大間〜奥入瀬)
マピオン地図3(奥入瀬〜八幡平)
※ルートは概要です。細かいところは実際と異なる場合があります。

6:30〜
予定より30分早く、6:30頃に宿を出発。
当初予定では最短距離で大間を目指すつもりでしたが、時間に余裕が 出来たので恐山経由のルートに変更しました。ただでさえきつい行程を さらにきつくしてどうするんだって感じですね。
むつ市内から青森県道4号線で恐山方面に向かいます。
山道を快適に走っていたのですが、恐山に近づくと、なぜか霧が出て きていかにもな雰囲気に。

霧の恐山にて。橋のたもとの石柱には「三途川」とありました。

7:00〜
まあ恐山観光をする気もないので、先を急ぎます。
ここから大間まで、素直に行けば県道4号線で海岸線まで抜けてそこ から国道279号線ということになります。
しかしここで地図を確認した私は、あすなろラインという文字を見つけて 気まぐれを起こしてしまいました。
あすなろラインというのは青森県道284号線の愛称。愛称が付いてる くらいだからそこそこの道路だろうと思い、そこを通って行こうと 思ったのですが…。
とりあえずは県道4号線をさらに進んで薬研温泉へ。そこから左折し、 県道284号線に入ります。
ほどなくして道幅が狭くなったかと思うと、やがて未舗装の区間に突入。 やや不安になりましたが、カーナビの現在位置を見る限り道は間違って いないようでしたので、そのまま進みます。
途中、道なりでなく一度右折する必要がある所がありますので要注意。
そのうちまともな道に抜けるだろうと思いつつ延々走りますが、なか なか終わりが見えません。
20q近くダート道を走ったでしょうか、ようやく海沿いの集落に抜け た時はほっとしました。

8:30〜
国道338号線に抜けてからは、快適なドライブです。さらに北上して、 ようやく本州最北端、大間崎に到着しました。
ここで朝食として大間んぞくというお店で刺身定食を頂きました。
まぐろ美味しい。移動スケジュールの都合で朝から贅沢です。

ムギちゃんと記念撮影


本州最北端の碑


こちらはまぐろ一本釣りの碑。色々あるなあ。

10:00〜
おなかもふくれたところで移動です。
大間から国道279号はまなすラインをひたすら南下し、陸奥を越えた あたりで一度休憩したあと、さらに南へ。
途中、下北半島縦貫道路という自動車専用道路を通って野辺地の南 で国道4号線に合流します。下北半島縦貫道路は往復2車線(片側1 車線)ですが、交通量が皆無で走りやすかったです。
そこからさらに少し南に行ったところで、みちのくドライブインと いう所に入り、昼食にしました。
昼はチャーハンでさらっと済ませて、国道4号線を南へ。
そこから右折して青森県道242号線に入り、みちのく有料道路、県道 44号線を通って青森市へ。コンビニで休憩したあと、国道103号八甲田 ゴールドラインで八甲田山方面を目指します。

八甲田山


道路はこんな感じ

14:30〜
酸ヶ湯温泉を越えてさらに国道103号線を辿り、国道102号線に ぶつかったところで右へ。
ほどなく奥入瀬渓流に到着です。

16:00〜
奥入瀬渓流の観光ですが、全部見て回るのは大変なので、銚子大滝 のあたりに車を止めて少し写真を撮りながら散策しました。
ハイシーズンでもなく平日だったのでそんなに混雑してません でしたが、混みあう時期だとマイカーで行くのは厳しそうな 場所ですね。駐車スペースが少なく道も狭いです。

これが銚子大滝だったと思う


遊歩道があって散策できるようになってる


こっちは九段の滝かな


遊歩道の橋から撮ったもの


こんな感じで、道路のすぐ脇が渓流のところも


これはどこか忘れたけど、渓流から道路を挟んで反対側の滝

16:30〜
奥入瀬渓流を後にして、次は十和田湖へ。
国道102号線から左折して国道103号線に入り、十和田湖沿いを西へ 向かいます。
国道454号線との交差点に差し掛かったところでまた左折。そこから 少し登ったところにある発荷峠展望台に行きました。ここでまた 小休止です。人もいないし周囲はだいぶ薄暗くなってきて、ちょっと 寂しい感じでした。十和田湖の写真だけ撮ってさっさと退散です。

発荷峠展望台から見た十和田湖

17:00〜
展望台を出発した後は、一路今夜の宿を目指します。
国道103号線から秋田県道2号樹海ラインに入り、山を下っていき ます。ここはそんなに眺望の開ける道路ではありません。
ふもとまで降りたところで国道282号線を左折し、南へ向かいます。
さらに突き当りを右折して国道341号線へ。そのまま国道沿いに 南下して、18:30頃に目的地の民宿えのぐ箱に到着しました。

とまあそれは良かったのですが、ここでプチトラブル発生。
私の予約がキャンセル扱いになっていて宿泊予定に入っていないと いう事態に。
数日前にネットで予約した時、一度予約したあとメールアドレス の間違いに気づいて一旦キャンセルし、再度予約するという操作 を行ったのですが、そこで混乱が生じてキャンセルが有効に なってしまっていたようです。
幸い空いている部屋があったので泊めてもらえましたが、危うく 泊まれないところでした。
なお、夕食は「ありあわせのしかないけど」と言われた割には ずいぶん品数が多くて美味しく、大変満足でございました。

その1へ戻る その3へ進む

トップへ 戻る